琉球ガラスはガラス製品の再生から始まった、カラフルな色あいと清涼感、気泡が特徴の沖縄工芸品です。

空き瓶から作られた琉球ガラス

沖縄の琉球ガラスの魅力

空き瓶から作られた琉球ガラス 琉球ガラスというのは沖縄本島を中心に作られている吹きガラスなどのガラス工芸品です。沖縄ガラスといわれることもあります。戦後のアメリカ軍基地で捨てられているコーラやビールの空き瓶を溶かして再生した経緯があります。厚手の赤や緑など多彩な色合いになり、再生途中で気泡が入る為に独特な風合いのガラス製品となりました。泡盛りを飲む際に使われているのを見て、観光客にガラスの手作り感と泡盛との涼しげな相性が良いと評判になり、琉球ガラスとして注目されてきました。今はメーカーや工房が増えて、廃瓶だけでなく新しいガラスでも作られています。芸術的な作品から贈答用や日常品まで多くの手法や材料が研究され、沖縄工芸品として人気です。

今ではテーブルウェアとして、アクセサリーやウェディング、出産祝いなど幅広い方法で作られていますので、通信販売を通して手軽に手に入れることができます。沖縄のモノづくり体験としても人気で、オリジナルグラスづくりや手作りトンボ玉、フォトフレームやジェルキャンドルなどを作る体験教室があります。沖縄の思い出に自分だけの一点モノを作りたいカップルや子供連れに大人気です。職人が丁寧に指導してくれますので、誰でも簡単に作れます。琉球ガラスの色とりどりなカラーと清涼感が魅力です。

Copyright (C)2017空き瓶から作られた琉球ガラス.All rights reserved.