琉球ガラスは沖縄で歴史のあるガラス工芸です。手になじむ厚みのあるフォルム、その歴史と色や形の魅力について。

空き瓶から作られた琉球ガラス

琉球ガラスの歴史と魅力

空き瓶から作られた琉球ガラス 琉球ガラスは、沖縄で生まれた宙吹き法、型吹き法などの製法による手作りの吹きガラスです。その歴史は古く、明治時代に九州や本州からガラス職人から伝わったものだそうです。始まりは生活用品をガラスで作製したものだそうです。また、有名な話ですが、戦後に米軍が使用したコーラなどの色つきの瓶を再生してガラス製品を作ったという経緯もあり気泡があったり普通のガラスより厚みがあるものも素朴な魅力、味として好まれ今に至るそうです。

琉球ガラスはお土産物を売る店にもたくさん売られていますし、琉球ガラスだけを扱う大型店もありますので気軽に手に取ってみることができます。また、沖縄のあちこちに工房があり、色々な作家の人たちの製品を見たり買ったりすることができるので旅の思い出にお気に入りを見つけて購入したり、大切な人にお土産を求めたりしても良いでしょう。作家さんとも話ができることがあるので交流を深めるとさらに良い思い出になります

琉球ガラスはカラフルなところが魅力の一つと言えます。透明や白などから黄色やオレンジ、赤、そして沖縄の海を思わせる深い青などがあります。形はお水などを飲むコップもありますし、大型のお皿や花瓶、オブジェなど飾っておけるようなものもあります。

Copyright (C)2017空き瓶から作られた琉球ガラス.All rights reserved.