琉球ガラスはアメリカ軍基地で捨てられた空き瓶を使って作られたもので、今ではいろんなものを作っています。

空き瓶から作られた琉球ガラス

空き瓶から作られた琉球ガラス

空き瓶から作られた琉球ガラス 琉球ガラスは、沖縄県の沖縄本島を中心に生産されるガラス工芸品であります。太平洋戦争の後、沖縄は資源難となってしまったことによって、アメリカ軍基地で捨てられたコーラなどのドリンクの空き瓶を材料にし、それを溶かして作られたことで知られるものなのです。

ガラスにはクリスタルガラス、ソーダ石灰ガラス、ほうけい酸ガラスと種類が別れておりまして、琉球ガラスはソーダ石灰ガラスに入るものです。窓ガラスや食器類に使われるガラスでして、ソーダというのは原料として使われる炭酸ナトリウムのことをいい、琉球ガラスの原料もそれから作られているというわけなのです。もともとアメリカ軍基地で捨てられていた瓶を利用して作られていたわけですから、今でもその原料も変わらずそのままなのです。

昔は琉球ガラスは、グラスやお皿など、食器を作るためのものでありましたが、今ではアクセサリーやインテリア、表札にも使っている人もいたりするのです。沖縄に行きますと、その琉球ガラス作り体験をすることができるところもあり、自分だけの作品を作ることもできるのです。きれいな作品を見ながら、その琉球ガラスについての歴史を勉強することも、もし観光するのならば楽しみの1つとなるかもしれません。

Copyright (C)2017空き瓶から作られた琉球ガラス.All rights reserved.